たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    GW前半は北海道から帰省した息子一家と温泉でのんびりしてました。初孫のゆうとが2歳になるってのもあって楽しい旅行でした。
    そして後半に突入する3日は、新月期で晴れたので、久しぶりに房総半島に出撃。
    今回の機材はこれまた久しぶりのIEQ45PROとWOSTAR71の組み合わせです。
    じつは、主力の赤道儀のロスマンが不調で基板修理のためドック入りなんです。。。
    そのためデカい主砲もお休みで。。。

    さて、どこに行こうかと思案してたらdragondemandさんも房総に行くとの連絡があったのでホントに久しぶりに房総へとなりましたが、やはりGWともなると、首都高湾岸からアクアラインの海ほたる」まで大渋滞!いつもの倍ぐらい時間がかかりましたが、そんな渋滞も遠征は楽しい!!!
    到着した時にはすでにdragondemandさんも機材展開済みでしたが、今回は私の機材も軽装なので楽々設置。

    IMG_2453

    さて、今回は何を撮ろうかあまり考えてなかったのですが、dragondemandさんから青いところはどう?って言われて、あまり狙ったことがない有名なカラフルタウンの青いところをメインに決定。
    ただ時間的にあそこは遅い時間なので、それまで何か撮ろうとこんなところを撮影してみました。

    NGC4438-2

    みなさんご存じのマルカリアン銀河鎖です。
    赤道儀:IEQ45 Pro
    鏡筒 :WO Star71 350㎜
    カメラ:ASI533MC Pro
        30"x74枚 gain100 offset31 -10冷却

    高解像度はこちら

    久しぶりの赤道儀と鏡筒でしたが、トラブルもなく順調に撮影がすすみました。
    ただ、どうもガイドが暴れ気味なのは、赤道儀のメンテが必要なのかもしれません。
    まあ、短焦点だからなんとかなるかな(^^;

    さて、時間も進み、本命も上がってきましたので、撮影しました。

    IC4604-3

    さそり座のカラフルタウンの一番上の青いところ(IC4604付近)
    赤道儀:IEQ45 Pro
    鏡筒 :WO Star71 350㎜
    カメラ:ASI533MC Pro
        60"x76枚 gain100 offset31 -10冷却

    色ムラが激しくて、だいぶ汚くなってしまいましたので、高解像度版はありません。。。(^^;

    こんにちは。
    久しぶりにブログアップです。
    最近はSNSばかりでブログはサボりがちですが、頑張ってもう少しだけ書いていきます。
    今回は新月期を少し過ぎた金曜日の夜に行ってきました。
    場所は朝霧高原です。
    忘れ物がないように指差し確認して機材を積み込み、いざ出発。
    いやぁ、本当に久しぶりに忘れ物もなく、大きなトラブルもなく、無事に撮影が終わりました。
    ただ、コロナ禍でヒマだったので赤道儀のコントローラーのGemini2のボタン電池を交換したせいか、記憶していた情報がなくなってしまい現在位置がハリウッド(初期値)になっていることに気が付かず、電源を入れるたびに勝手にRA軸が回り出しては止めてを何度か繰り返しました(^^;
    赤道儀はギアのメンテナンスも行ってましたが、こちらはメーカーの調整動画を見ながらの作業だったにも関わらず、どうも、ガイド精度が悪化しています。そのため星が肥大化した画像もそこそこ出てしまいました。。。
    帰宅してもう一度動画みたら、やるべきことが漏れていることが判明。。。
    おお、そうか!
    英語だから何言ってるかわからなかったけど、よく見ればジェスチャーでポイントをしめしてたんだね。わかりました〜やり直しますー^_^
    赤道儀の調整結果は次回再確認です。

    さて、撮影対象トールの兜です。
    英語表記だとThor's Helmetです。
    IMG_1651

    今回はTOA645フラットナーのファーストライトでした。
    フラットナーはスペック通りとてもいい感じでしたが赤道儀のメンテが上手くいってなかったこともあり歩留まりが悪く肥大した恒星画像も入れて78枚が限度でした。。。
    この天体はもう少し露出がほしいですね。

    NGC2539(トールの兜)  2022/2/4
    鏡筒    : TOA130 TOA645フラットナ990mmF7.6
    カメラ: ASI533MC-Pro
    赤道儀: LosmadyG11g
    露光時間 60sec ×78枚 gain100 offset31 -20℃
    朝霧高原
    PixInsight : WPCC DBE PCC HTほか


    高解像度版(astrobin)はこちら

    みなさん、こんにちは。
    myFocuserPro2によるフォーカサー製作ですが、今回はちょっと変わってドライバー編です。
    myFocuserPro2は、製作したフォーカサーを使用するためのASCOMドライバーが用意されてます。
    これをインストールすれば、APTなどで使用することができます。
    もちろん、それを使っていたのですが、、、
    ASCOMドライバーの場合、それぞれのドライバーの設定画面でパラメタを指定して、接続を行うのですが、どうにもこの設定画面が使いづらく、また、接続も今一つモタモタするというか、なんというか、気持ち悪い動きをします。

    WS000038


    これがmyFocuserPro2の設定画面で、直接動作用のプログラムと画面を共有しているのかやたらとパラメタが多いです。このタブも好みではありません。

    もっとシンプルに、必要な項目だけに絞って操作も簡単な1画面にしたいなって思い、ASCOMドライバーを作ってみることにしました。

    まずは、本家ASCOMサイトでよく調べながら、開発者キットのASCOM Platform Developer Components (For Platform 6.5SP1)
    (ASCOM プラットフォーム開発者コンポーネント)をダウンロードします。

    どうやら、ASCOMは、.Netで開発するためのテンプレートをコンポーネントとして提供しており、その中には必要なASCOM用ライブラリもあり、それらを使って開発することで、基本のASCOMインターフェースや機能の実装ができるようになっているようです。

    そのほか、
    Developer Samples & Sources(サンプルソース)をダウンロードすると、汎用的な説明にはなってますが、大体実装する必要がある内容がわかります。
    実装には、実際の製作したフォーカサー側へのコマンド発行が必要で、その時は気が付かずArduinoに書き込んだファームのソースコードを見て考えていたのですが、コマンド一覧は、myFocuserPro2に用意されていましたのでそれを見れば簡単です。

    それで、できました。

    ASCOM Focuser Driver for TK.

    インストール後APTでフォーカサードライバー選択で、
    WS000039


    よしよし、出てくるぞ。。。
    つぎは Propertiesだ、、、
    WS000040

    おおおお!でた!

    うん、なかなか嬉しいですね。
    もちろん動作もするし、問題ありません。一応、やまぎりさんにもテストをお願いしたのでフィードバックがあれば対応しよう。

    そのやまぎりさんは、3Dプリンタでパーツを作ったりしているのですが、最近、新しいマシンを入手されていて、オフアキのガイドカメラにつけているヘリコイド用のEAFを作るといわれて、こんな画像をいただきました。

    と、最初の画像を探したんですが、見つからず。。。
    なんというか、それに便乗して私の分も製作していただきました。
    これです。

    190166228_527186378294398_370951380367371963_n
    190943549_349761576721705_5339431025854429219_n

    こういうものが作れる3Dプリンタはいいなって思うのですが、いかんせん設計図が書けません。
    私には使いこなせそうもないのであきらめてます。。。w
    なので、私は、これ用のコントロールアプリケーションを作ることに決めて、ASCOMドライバーを経由せずに単独でコントロールできるようにと作りました。

    機能はパラメタの設定と動作なので、基本的にはASCOMドライバーと同じですが、ASCOMドライバーと違うのは、GUIを持ったアプリケーションなので、主にその部分の開発になります。

    GUI部分というのは、実は思ったより大変で、しっかり、想定動作を考えて作りこむ必要があり、少々苦労をしました。
    また、最近の.Netには昔からあるフォームアプリケーションと、最新のWindows Presentation Foundation (WPF) というフレームワークがあります。
    当然最新のWPFの方が高機能でよいのでしょうが、普段あまり使っていない.Netなので、昔から知っているフォームで実装します(つか、新しいの覚えるの面倒だしw)

    ただ、フォームは確かに古いので、細かいところでできないことが多い。。。
    各コントロール(ボタンとかコンボボックスとか)の枠の色を変えたいと思っても、そんなプロパティはないし。。。非活性時の表示フォントや色を変えたいと思ってできないし。。。

    まあWPFでどこまでできるのかわかりませんから、自力で頑張るしかありません。
    こんな時は、自分で描画するしかないなと、カスタムコントロールをしこしこ作成して、途中、さすらいさんからの要望である、ナイトモードを備えたコントローラーの完成です。

    これが、TK.FocuserControl です。
    TKFC1


    初期表示は、使い勝手を考えて必要最小限の項目で表示にしました。
    必要なパラメタ設定は、ShowConfigボタンをクリックするとでてきますが、これも別画面にせずこうしました。
    TKFC2

    ナイトモード時
    TKFC3


    一応これでテストもかねて、やまぎりさんとさすらいさんにも使ってもらって、これもフィードバックがあり次第改善していこうと思います。
    TK.アプリケーションの誕生ですw

    もし、myFocuserPro2のEAFを自作されていて、テストをしてやろうという奇特な方がいらっしゃいましたらご連絡をください。ぜひ、お願い致します(^^)

    このページのトップヘ