たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    みなさん、こんばんは。
    まだまだ、寒い日も続きますね。おとといの関東地方は、東京でも降雪が観測されてましたが、
    それでも乾燥はまだまだしているので、インフルエンザには気を付けたいですね。

    さて、春の銀河祭りがそろそろ開幕です。
    この週末は、まずは銀河祭りに参戦しようと準備してましたが、なにやら天気が今一つ。。。
    と、ここで思い出しました。
    私、金曜日は人間ドックで休みを取っていました。
    空も予想はまずまず。。。おとといの雪の影響があるところもありそうですが、場所を選べば何とかなりそうです。

    今回は、千葉の某ダムへ行ってきました。
    平日ですので、到着したときはボッチでしたが、仕事を終わらせてから駆け付けたのでしょうか、私以外にも4組ほどいらしてました。

    さて、タイトルどおり銀河祭りに参戦するにしても、何を撮るか。。。。
    今回の機材もTOA130の1000mmですので、銀河を撮るには少々物足りない。。。
    よほどデカい対象でないと見栄えが、、、とはいえ、そんなに都合の良い対象もありません。
    そこで、今回は、これから上ってくる、かみのけ座の銀河団。
    まあ、とてつもなくメジャーな銀河団ですが、撮ったこともなかったので、これ一本で臨みました。

    ところが、今回は(も?)今までにないくらいトラブル連発で、まあ、大変だったこと。。。
    トラブルが多すぎるので詳細は、もう書きませんが、あげつらえて見ると、

    ① PHD2からAOが接続できない
    ② PolaNavigatorが正しく動作しない(minerさん作の極軸設定支援ソフト)
    ③ フォーカサーのリモコンが動作しない
    ➃ メインノートPCの動作が不安定

    いやあ、まいりました。。。ホント。
    結論から言うと、
    ① FTDIドライバの入れ忘れ
    ② 自宅で再現せず(正常に動作する)
    ③ なんのことはない、コントローラーから抜けてました(^^;
    ➃ これはもうPCのバッテリーがおかしいみたいなのでどうすっか。。。

    実は、①と②が動いているノートは、先日OSを入れ替えたばかり、、、
    ①は動作確認したつもりになってました。(原因は自分ってことですね)
    ②は原因不明なので、再現したらまたってことで

    そんなことを現地でやってたら、撮影開始できたのは23:00。
    でも、かみのけ座の銀河団の撮影は、それでも高度がやっと30度ぐらいです。
    まだまだ、低い天体なので最初のほうはしらっちゃけてます。
    また、今回はAOが動かせなかったので、久しぶりに通常のオフアキガイドで、PHD2のパラメータもAO用にセットしてあるので、調整がうまくいきません。
    ところで、前から思ってましたが、PHD2のガイドグラフは気にしすぎるのはよくないですね。。。
    どのくらいの角度でずれているかって気にしすぎるとそこから離れられなくなりますね。
    最初のうちは、ガイド露出を伸ばしてグラフが暴れないようにすることに気を使ってましたが、
    あれ、。騙されている気がします。
    確かに、露出が長いほうがグラフは暴れにくくなりますが、それって、ほんとうにガイドが暴れていても、見かけ上暴れていないように見えているだけですよね?

    その証拠に、3秒露出だとグラフは落ち着いていましたが、エラー値は高くなっていて、撮像も今一つでした。
    それを、0.5秒露出にすると、ハンチング?って思う少し前ぐらいにグラフは暴れますが、エラー値は低くなり、
    撮像も良化してきました。

    最終的には、そのまま0.5秒露出でガイドしたままで撮影してました。

    とと、、また、無駄話で行数を稼いでしまいました。
    今回の撮影対象ですが、62分の撮影分は、画角を誤ってしまって、すこし残念な感じ。
    気が付いて取り直したのが雲がでてくるまでの18分だけ。
    さあ、画角の違う画像をすべて入れ込んだ銀河団をご覧ください。(笑)

    130f8a3b.jpg


    かみのけ座 銀河団 NGC4783を中心に
    光学系:TOA130NS マウント:iEQ45 Pro ガイド鏡:ASI174MM-mini
    撮影データ:-20℃ 120"x31 120"x9

    よく見ると、上のほうにラインがあると思います。その上に見える部分が18分の露出部分で、
    そこから下が80分(62+18)の部分です。露出は正義が見てわかる画像ですね~

    で、この上の部分を切り離すと、妙な横長になってしまうので、そこも調整すると、、、、

    8107b5cb.jpg


    う~ん、窮屈!!(笑)
    やはり、元の広さが欲しいですよね~。。。。
    というわけで、今回はastrobinの登録はなしです。
    やっぱり登録しました。(^^;
    狭い版ですが、高解像度版はこちらです。

    最後に、最近のマイブームを。。。

    bac3e830.jpg


    銀河だらけ!!!



    連投でごめんなさい。
    先日の画像をpixinsightのScript/Render/AnnotateImageで銀河を同定してみました。
    やはり、ちっこいPGAカタログ銀河がたくさんでてきました。

    それだけですが、ちょっと嬉しかったので、、、(^^;

    abd6ae81.jpg



    高解像度版はこちら

    皆様、新年明けましておめでとうございます。って、すっかり正月休みも終わって、平常モードなのにいまごろかよっ!
    って思いますよね~。。。私も今日から新しい現場に出勤してきました。
    でもね、、、年末から新年休み明けまで9連休もあったのに、撮影にいけたのは先週の末!
    それまで、なんやかやとタイミングが合わず、家でゴロゴロと無駄に過ごしていたわけで、、、(^^;

    さて、やっと、新年撮り始めができた先週末の1月5日。
    予想では、雲が出そうなところと風が出そうなところがあったので、ひさしぶりに育樹祭に行ってきました。
    その日は、kola29さん、YKMさんと一緒です。

    そして、今回は、景気よくファーストライトを迎えた、ASI294MC Proがあります。
    まあ、撮影では、メインPCが起動しなくなってしまったり、いろいろありましたが、めでたい新年ファーストライトってこともあるので、グチは封印して、まずは、釣果報告です。

    2571653e.jpg


    NGC891とAbell347
    TOA130NS(f7.7 1000mm) SXV-AOLオフアキガイド 
    ASI294MC Pro -20℃ 300"x15枚 ダーク、フラット処理

    高解像度版はこちら

    本当は、これにASI1600MMで撮影したL画像を入れたかったのですが、メインのこのカラー画像を取っておきたかったので、Lを後にまわしました。それがあだとなり雲やらシーイング悪化やら低空などで品質の悪い画像になってしまい、ワンショットカラーONLYにしました。
    それでも、なかなかいけてるかなって思ってます。今後、楽しめそうなカメラです。

    画像処理中に驚いたのが、これ、、、

    72d96a62.jpg


    これ、300" -20℃x20枚をスタックしたダーク画像です。
    最初は、光漏れかと思いましたが、調べてみるとこれがグロー画像とのこと。
    それなら、ダーク減算で効果を発揮して、ライト画像から消し去ってくれるのかと思いきや、なんか少し残ってしまいます。

    07d63832.jpg


    右上の枠外からシャーって出てるのわかります?

    なんじゃこりゃ!?って騒いでたら、YKMさんからZWOで対策情報が出てるって教えていただき、早速確認。
    すると、
    ① バイアスは使わない    えっ????
    ② マスターダークを作成するとき、dark optimization を行わないこと   ふむふむ。。。

    なので、pixinsightで処理するときにバイアスを使用せず、マスターダーク作成では optimizationをしないようにチェックをはずして、再実施してみました。
    すると、 

    304948e9.jpg


    見事に右上のシャーッがなくなりました!!
    (これはスタック後debayerしただけの画像なのでムラムラは気にしないでください)

    なるほど、このカメラは、こうやって処理しないといけないんですね。
    ZWOの対策欄を見ると、ダークはoptimizationをしてしまうと、ライト画像とあわなくなるって説明しているので、もしかしたらほかのカメラもそうなのかもしれません。
    ASI1600はグローがとても少ないので気がつかなかっただけかもしれませんね。
    でも、今回の画像では、背景ムラも断然とよくなってるんです。さっきのシャーッ画像のときは、ムラムラがまざりあってて超面倒な画像になってたのですが、今回の対策処理画像では、G系が中心に集まっていて、とても処理がやりやすかったんですね~

    過去の画像もやり直してみようかな~


    このページのトップヘ