先週末は、とにかく時間があったので、懸案事項を一気に片付けようと、朝からいろいろやってました。
前回、報告した赤道儀のRA基板交換がメインではあったのですが、
実は、週中から夜すこしづつ工作してたものがありました。

それが、これ、マイクロブロアです。
eaab4648.jpg

4dddbd11.jpg












これがブロア本体で真ん中の小さな突起(穴)から空気が送出されます。




























こっちは、基板です。5Vぐらいで動くようですが、今回は19Vにしました。(20VまでOK)
スペックは、約>=0.70L/minの流量です。














しかも消費電力がとても小さく、200mAぐらいですのでとてもリーズナブルなポンプです。
こんなにちいさくてもダイヤフラムポンプなんですよ。

今後、スマホなどの小型機器の冷却用を見据えて、村田製作所が開発したものです。
実は、これ、minerさんから教えてもらいました。
minerさんはすでにこれを使って乾燥空気装置を作成し運用していたので、今回、多大なご協力を得て、
不器用な私が工作するに至りました。

少し前のブログに書きましたが、バッテリーが消耗してしまい買い替えとなりました。
今まではどうしても乾燥空気用のポンプでAC100Vが必要だったため、インバーターを挟んで使っていましたが、
インバーターは当然非効率だし、かといって、電池式のポンプはモーターでとてもうるさいので困っていました。
そこで、これです。
ブロアと基板のセットで5000円ほどしますので少しお高いのですが、思い切って2セット注文し、
これまた、minerさんと同じようにダブルにしてみました。

さて、届いたものの、何をどうやってつなげるのかも分からず、そのたびにminerさんに泣きついて、
家にあるもので動作確認です。
いきなり12Vを流すのが不安だったので、単三電池1本で動かしました。(1.5Vで動くってことか、、、今気づいたw)

a1aa4ee2.jpg


途中、ケースにスイッチを取り付けるため、四角の穴をあけなければいけないってんで、
ハンドニブラーなる未知なる兵器を入手し、ケースにカキカキ穴をあけ、
80341430.jpg


ニップルやらケーブルやらを入れて、さあ、完成です。(すみません、途中画像を撮ってなくていきなり完成です。それほど余裕がなくギッリギリの作業だったので。。。老眼鏡うつってるでしょw)

a36b13ce.jpg


すでにシステムには組み込んで、三ケ所に空気を送ってみましたが、しっかりチューブの先から空気がでているので十分機能すると思います。空気はひとつでも大丈夫そうですが、せっかく二つあるし消費電力も小さいので、基本はダブルで使おうと思います。

。。。え~、、、どこからか言われそうなので先に行っておきますが、、、中は見せません。。。
そんなにカオスがみたいですか?(笑)

パンドラの箱、、、、開ける勇気がありますか。。。。フフフッ

次回は、週末メンテナンス最後の、フラット板の調整顛末記です。