ラブジョイ彗星を処理してみました。
今回は135mmで撮ってみました。
どうも、思ったようには処理できていませんが、これについては、もうこれでいいかなと。
先のかもめ星雲(ワシ星雲)もそうですが、星が多く写る広角や散光星雲は処理が難しいです。
kameさんから教わったお手軽そうなフラットエイドをつかったマスク処理(?)でかもめ星雲(ワシ星雲)を処理しなおしてみました。
でも、カモメは出てきましたが、程度がいまひとつわからず、やりすぎな感じになってしまってます。
75635671.jpg

 
フラットエイドで背景を作って合成
 
なんか、ギラギラしてきちゃったかな。この辺の加減は、試行錯誤が必要ですね。
 
(1/20追記)
一晩たって見てみたら、何じゃこりゃ~!ってギラギラ画像じゃあないですか!
これはイカンと、いそいで再処理してみましたけど、まだ、だめかな。
e68c9971.jpg

 
さて、本題のラブジョイです。
もっとシャープなレンズがほしいところです。このレンズでは限界ですね。
b4a9f0bd.jpg

EOS KissX2改 LPS-D1 SIGMA APO 70-300(135mm)
180秒×9 DSSでコンポジット 明るさとコントラスト調整
 
彗星は、それほどですが、135mmぐらいのレンズでの撮影は結構楽しいですね。
このぐらいの焦点距離で明るいシャープなレンズがほしくなっちゃいます。
カメラレンズは全然わからないので、どなたかオススメレンズあったら教えてください。
 
と言いながら、今週末はC6で系外銀河祭りじゃ~!!