やっと、今年初めての新月期です。これを待ってました。
ところが、GPV予想をみると関東圏はどこも強風!!
予定では、山梨県の育樹祭記念公園にいってみることになっていましたが、
とにかく風が収まらない予報。それでもどうにかならないもんかと考えあぐねていると、一緒に行く予定のさすらいさんから、「夕方から夜半までマイナス2桁ですけど・・・」と。
 
マイナス2桁!?
 
んなわけ、、、ぬなッ!マイナス13℃!
 
無理無理!車からでられないよ。
 
と言うことで、GPV予想で比較的風が弱い、伊豆半島の天城高原へ行ってきました。
おそらくたくさんの星やさんがくるだろうということで、16時過ぎには現着したのですが、すでに先客もあり、さすが、みなさん考えることは一緒ですね。
 
ところが到着時点では、風がビュービュー、空はどんより、来る途中はあられが降る始末。
 
GPVよ、当ててくれ!!などと祈りつつ、機材の組み立てをしていると、
気が付けば満点の星空!しかも、風は予想どおり弱くなっており、夜半にはほとんど吹かない上、シンチレーションも安定したすばらしい夜空となりました。
 
今回の撮影は、望遠レンズを使ってラブジョイを撮影し、その後、C6での撮影の予定でした。
 
まずは、望遠レンズでラブジョイ彗星を撮影し、せっかくなので、SE120で撮影を試みるも、対象のあまりのデカさに失敗した、IC2177ワシ星雲を撮影してみました。
ラブジョイ彗星は、まだ、現像していませんので、まずは、かもめ星雲(ワシ星雲)です。
df4e96bf.jpg

8d16ee44.jpg

EOS Kiss X2改 SIGMA APO 70-300 135mm f4.5
ISO1600 180秒×10枚コンポジット
(下はトリミング)
 
う~ん。なんかうまくできない。。。
天の川の上なので、星が多いです。どうやって処理すれば星雲だけがもちあげられるのかよくわかりません。勉強しないとね。
 
そのあとは、C6に変更し、遅くにあがってくる春の銀河群を撮影するつもりでしたが、いろいろトラブルもあり、、、、結局撮影できずに終了してしまいました。
 
それでも、最後にM104ソンブレロ銀河の撮影を試みましたが、なぜか、ガイドが暴れ始め、極軸を確認すると、必ず赤道儀の高度が下をむいており、そのたびに再調整~キャリブレーション~アライメントとやり直すこと3回。
やっと気付きました。
 
赤道儀がお辞儀している!!
なんで、こんな簡単な原因に気が付かなかったのか・・・
 
それは、、、マイナス7.5℃の気温!
それはもう、完全にやる気と思考能力を奪う自然の驚異としか言いようがありません。とにかく寒かった。
 
きっと、ドリフト調整で高度調整をするとき、あまりにシビアな調整をするために、しっかりと締めていなかったんだと思います。(締めるとずれるのよ。これがまた。(^^;
 
この辺は、今後の課題ですね。
 
そんなこんなで、ソンブレロ銀河もまともに撮影できませんでしたが、せめて、形だけでも見ていただこうかと。
 
e90e481b.jpg

587ea830.jpg

EOS Kiss X2改 C6 1500mm MPCCでコマ収差補正
ISO1600 300秒×3枚コンポジット PSでコントラストと露出調整
(下はトリミング)
 
 
 ソンブレロ銀河の系外銀河らしさを演出するために、コントラストを低めにしてみました。周りの星は、ガイドエラーでとんでしまったので、3枚でやめてしまったのですが、処理してみれば結構カッコイイ。。。
これなら、もっと撮影しとけばよかったかな。
10枚ぐらいあればもう少しきれいになったでしょうね。
 
今週末は、C6一本でがんばろっと。