この赤道儀を入手して半年あまりがたちました。
最初は、うれしくってただ動けばそれだけで満足していましたが、
使っていくうちに、いろいろ考えることがでてきました。
また、この赤道儀を入手してから、おなじEQ赤道儀をつかっている人たちとも知り合い、最近では一緒に撮影にいって楽しんでます。
今回は、そのみんなへのインタビューで得られたこともあわせて、EQ赤道儀ってどんな赤道儀?
って感じで書いてみます。

さて、EQ赤道儀ですが、今、一緒に撮影に行ったりしているのは、
kola29さん
DRAGONDEMANDさん
さすらいさん
やまぎりさん
(たぶん年齢順)
と私を入れた5名です。
そのうち、EQ5-GOTO赤道儀が4名、EQ3-GOTO赤道儀が1名です。
まずは、こんな質問を。
「こんなとこが良い、こんなとこが使いにくいなど、ザックリとください」
(大雑把な質問ですみません)
 
・高度、方位調整ネジがまわしづらいね。固いし。
・赤道儀のケーブル短いでしょ。DECに接続するケーブルがギリギリ。
・極軸望遠鏡にキャップついてるけどガバガバ。これいるの?
 
など、製品としての詰めの甘さがかなり出ています。某大陸の製品ならではってことでしょうか。日本人としては気になる部分が多々あるようです。
 
とはいえ、
・何かあると安いから某国製だからと言った先入観が先行してしまう点(笑)
なんて、意見もありました・・・
 
でも、悪い意見ばかりではありません。
なんといってもこの赤道儀、安い!です。
ほかの赤道儀と比較してもかなりリーズナブルで、しかも、極軸望遠鏡、自動導入もついていて、ほぼフル装備でこの価格(価格はシュミットさんで見てくださいね)
安いってことはそれだけでもメリットですよね。

そこで、
「コストパフォーマンスはどうですか?」
 
・コスパは高いと思います。今のところ後悔はまったくありません。
・初心者にとって、価格的にも性能的にも最適だと思っています。
・コスパは高いでしょう。各ショップの人にEQ5で長焦点撮影は無理と云われましたが、とりあえず撮れてます。
 
ただ、EQ3-GOTO赤道儀所有者のやまぎりさんからは、
「写真を撮りたいのならば、EQ5にすべきです。価格の差が余り無いにも関わらず、性能差が大きいです。EQ3を敢えて選ぶ理由は無いでしょう。」とのご意見も。
 
この性能差は、イコール強度ということでしょうか。
おそらく、ギア精度などは変わらないと思われます。

そういえば、ここまで、ギア精度についてはなにも出てきませんでした。
それは、われわれが、そこまで言及するほど使い込んでいないってことの表れかもしれませんが、ギアについては、ある意味「仕方なし」ってことでもあるのでしょう。
もっと言えば、比較するものをだれも持っていないので、良いのか悪いのか、価格相応なのかどうなのか。わからないんですよね。(笑)
 
総合的には、
 ・コストパフォーマンスが高い(=安い)
 ・初心者が始めるのに十分すぎる機能があるのでオススメできる
 ・撮影重視なら、EQ3-GOTOよりEQ5-GOTOのほうがオススメ
 ・でも安いからにはそれなりに理由があるからね
 ・細かいところは多めに見てね

って感じでしょうか。
 
ここからは、私の個人的感想です。
この赤道儀、搭載可能重量は9.1kgとなっていますが、撮影で考えるならば、
実地では風などもあって、7Kgぐらいまでと考えたほうが良いと思います。
オートガイドとかでは、かなり厳しいことになります。
重さだけではありません。
私は、最近、長焦点で6Kgぐらいを載せていますが、長焦点と言うだけでも厳しいです。
やはり、もっとしっかりした架台だったらと思うところはありますね。
でも、それだからいろいろ考えるものです。
ポタ赤で撮影していたときにやっていた、三脚に錘をぶら下げて安定させる方法を真似して、赤道儀のセンターに使っていないウエイトをつけてみたり、ネジ類はしっかり締めるなど、できることはいろいろやっています。
 
そうなんです。
ダメなところは工夫すれば、少しは補うことができるかもしれません。
いわく、
短すぎるケーブルは自作しました。
抜けたコネクターは交換しました。
 
・・・・なんか、悲しくなってきた。。。
みんな、がんばろうね。。。

さて、最後に、みんなから集めた実際に起きたことを列挙しておきます。
この製品、こんなことが起きたんですよ。
(起きた場合は、販売店に連絡したほうが良いです。結構、丁寧に対応してくれるものです。実際にで交換などもありました。)
 
・DECのコネクター内のピンがぬけて赤道儀がうごかなくなった
(自分でコネクターを交換)
・三脚の足元のネジの部分の筒が抜け落ちた。
 見ると、止めてあるイモネジがスカスカだった。(接着剤で固定して対応)
・高度調整ネジがボディに食い込む(構造上の問題)
・三脚を開いたら、開き止めが折れて大また開きになってしまった
(販売店で交換対応)
・ギアで異音(調整が適当。じぶんで調整)
・極軸望遠鏡そのものがゆがんでいる(どうしようもありません)
 
購入を考えている方、いいとこ、悪いと全部ひっくるめて、使うことを考えられれば、とてもコスパが高い赤道儀です。
そして、EQ赤道儀は、ネット上に情報が少ないので、ぜひブログへお越しください。
私たちは関東圏で撮影してますので、ロケーションさえあえば、ぜひご一緒しましょう。