たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2015年04月

    またもやペリカンの処理の違いですが、前回書いたようにDSSの自動スタックのほうが厚みがあったので、今度は、PSccでどこまで出来るのか、試行錯誤してみました。

    DSSの結果が、かなり厚みが出ていたので、まず、PSccでレイヤーに読み込む前の現像で、すこし強めに露出をあげて保存してみました。(かなり白くなるぐらい)

    それをレイヤーに読み込んで、自動位置あわせをおこなってからスマートオブジェクトに変換。
    その後、スタック処理をおこなったあと、ライスタライズでスマートオブジェクトから復帰させ、
    画像処理の開始です。

    いろいろやってみましたが、
    ざっと、やってみたことを書いてみたいと思います。

    まずは、チャンネルマスクを2種類作りました。
    ひとつは、RedマイナスGreenマスク、もうひとつは、RedマイナスBlueマスクです。

    見ていただくとわかりますが、前者のマスクは、ペリカンとその周りのうっすらとした星雲が入ってます。
    後者は、すこしペリカン寄りになってますので、それぞれのマスク部分の強調度合いを変えることで、全体的に厚みをつけながら、ペリカンをその上に持ち上げる感じにしています。

    Red-Greenマスク画像です。
    a8caf46a.png


    次が、Red-Blueマスク画像です。
    f88bcee5.png



    このマスク画像は、赤い部分になるので、すこし色を持ち上げるために、このマスク部分をつかってトーンカーブレイヤーのREDを持ち上げてます。(下のグラフは実際のものではありません)



    今回は、星マスクや輝度マスクは使いませんでした。もしかしたら、もっとうまく出来るかもしれませんので、もう少し連休中にがんばってみたいと思います。
    長々と説明してしまいましたが、今回の処理結果です。
    これは間引き画像なので、高解像度画像のリンクもはります。パソコンの方はそちらもご覧いただけるとうれしいです。

    83c8cd83.png


    高解像度画像

    ちなみに、前回のペリカンは、こちらをご覧ください。


    現時点では、PhotoShopで丁寧に処理したほうが、きれいかなと思います。

    22:28 追記
    ほんの少しだけ、星を強調してみました。ほんの少しだけなので自己満足のせかいですが・・・(^^;
    でもなんとなくキリっとした気がします。
    77fa9352.png



    えっ?変わらない?
    ほんの少しだけなんです。。。
    一応、高解像度版もありますので、おヒマでしたら見てやってください。


    2015/4/30 追記
    いろいろやりすぎて何がよいんだかわからなくなってきました。
    比較しずらいですが、古い順に公開してる高解像度画像リンクを張っておきますので、よかったらご覧になってください。


    今回撮影したペリカン星雲。
    画像処理がうまくいかず、なんどもやりなおしました。
    その中で、PSccでスタックして処理したのが、前回UPした画像ですが、DSSでスタックした画像だと、またちょっと違った画像になります。

    ちょっと見てやってください。
    まずは、前回UPしたPSccでスタックした画像です。
    872472ba.png


    次が、DSSでスタックした画像です。
    546d6181.png


    DSSでスタックしたほうが、厚みがあるというかなんというか、迫力がありますよね。
    ただ、全体的に、DSSスタックのほうはスタック直後だとかなり赤みがかっていて、
    これでもずいぶん調整した結果です(それでもまだ赤い)

    また、いろいろやっては見たのですが、これ以上コントラストをあげることが出来ず、いまひとつキリッとしていません。

    スタック処理の違いでこんなに変わるんですね。
    ちなみにDSSスタックのほうが情報量が多いので、ファイルサイズも約6倍になってます。

    高解像度画像をこちらにUPしました。(6Mぐらいあります)

    みなさんは、どっちのペリカンがお好みですか?


    もうすぐGWですね。
    でも、残念ながら満月期です。

    仕方が無いのでGWは画像処理の練習とか、機材のメンテとか、買い物の運転手とかやってると思います。
    (笑)

    その前に、昨夜は夜半に月没となるので、なんとかもう一回撮影しときたかったので行ってきました。

    今回は、kola29さんとさすらいさんと一緒です。
    場所は、いろいろ考えた結果、前回と同じ原村です。

    それでも、日付が変わるくらいまでは厚い雲に覆われ、なかばあきらめモードでしたが、待った甲斐もあって何とか撮影することが出来ました。

    今回は、これだけです。このあと、M8M20も撮影してみましたが、すでに東の空が明るくなってきてしまったので、どうにもなりません。

    fb6215f3.png


    WO71 350mm F4.9 EOS X2改 ISO1600 300s×18枚スタック
    PSccで調整 ちょっとトリミング
    ペリカン星雲(IC5067-70)

    20枚中2まいは、ガイド星が失われて使いものにならなかったのですが、残りの18枚も、前回より星が肥大傾向にあります。
    おそらく、ガイド鏡の結露でガイド星がボヤっとなっていたので、それで、無駄なガイド補正がされていたせいではないかと思います。

    ヒーターを巻いていたのですが、次回からは、ガイド鏡も乾燥空気を送り込まないといけませんね。
    次の撮影はバンビと首飾りにしようっと。


    待ちに待った、新月期です。
    今回は、先日我が家にお越しいただいた、貴婦人WiliamOptics Star71様のお仕事はじめになります。
    とか言いながら、GPV予想はどん底。。。
    数日前から長期予報を眺めては、ため息ばかり。

    結局、当日になっても、あまり変わらない予想でしたが、長野県の原村のごく狭いエリアだけ、すこし雲が切れている。。。
    まあ、GPV予想なんてどれほどの精度があるかは、さんざんいままで味わってはいましたが、あきらめきれない私は、いつものkola29さん、やまぎりさんと、長野県の原村へ行ってきました。

    ついたときは、ほんの少し青空はみえるものの、とても撮影が出来る状態ではありませんでした。
    それでも、今回は、貴婦人の初仕事と一緒に、先日調整した赤道儀のチェックもかねていたので、とりあえずは設置を開始しました。

    ほぼ、設置が完了してそらを見上げると、薄雲のなかで北極星が見えてます。
    しばらくすると、そこそこ星も出てきたので、ドリフトで極軸だけでもと作業を開始しているうちに、気がつくと星空が・・・

    おお、神よ!!
    なんてことだ!

    あんなにあった雲がずいぶんと少なくなり、星が輝き始めています。

    と、まあ、こんな感じで、GPVのひどい予想ながらも何とか星にありつけることができました。

    早速、貴婦人の初仕事です。。。。といいたいところですが、今回、貴婦人には、なにか鮮やかなものを撮影してもらうつもりです。
    それらは、日が変わって、遅い時間にならないとあがってきません。

    なので、それまでは、赤道儀の調整チェックのお手伝いということで、マルカリアンとか球状星団とかを撮影してもらいました。

    それでも、あくまでも赤道儀のチェックなので、どの天体もほんの1、2枚でダークもフラットもなし。
    ガイドが安定するかどうかだけの仕事で、貴婦人には面白くない仕事。

    それでも、これこそ、本当の初仕事ですね。
    ということで、M13球状星団です。

    ISO800 420秒3枚スタックで、レベル補正だけです。
    フラットもダークもありませんので、きれいではありません。
    また、画角も適当なので、その辺はご容赦を。(^^;
    977a0fcd.png

    せっかくなので、トリミングしたやつも。

    a2547f26.png


    ほうほう、周辺までシャープですね~。うわさどおりです。
    周辺減光もほとんどないので、フラットも医らなそうですね。これもうわさどおりですね。

    同じくマルカリアンも、試写程度の3枚ですので、スタック&レベル補正だけですが、これも貴婦人の初仕事です。
    3b13e25a.png

    ISO800 420秒×3枚スタック&レベル補正



    さて、そろそろ天の川も上ってきました。
    すると白鳥座と一緒に、あの、大陸が。。。。。。そうです、NGC7000北アメリカ星雲です。
    今回の貴婦人のメインジョブはこの星雲です。
    とは言いながらも、すでに時間は3時を過ぎていますので、それほど枚数を稼ぐことは出来ません。
    また、星が出ているとはいえ、薄雲はあるようなので、全体的に白くなってしまってます。
    すこし、無理をして強調していますが、初仕事をご覧ください。

    96e0f13f.png


    北アメリカ星雲 NGC7000
    2015/4/19 長野県原村 3:20頃 
    WiliamOptics star71 350mm EOS Kiss X2改 ISO1600 300秒×9 ダーク・フラット処理

    もう少し枚数を稼ぎたかったですね、これからの星雲なのでまたチャレンジしてみたいと思います。
    このほか、アンタレス付近もすこし撮影しましたが、X2で350mmだと狭すぎるため、モザイク合成の練習用にと、数枚だけ撮影して終了しました。これは、これから練習です。

    やっと、ついに、WO71のファーストライトが出来ました。評判どおりの性能で、気分はチョー最高です!!
    次はなにとろうかな。。。

    待ち焦がれていました。
    やっと会えました。
    アメリカの貴婦人。。。。

    ようこそ、たじ家へ!
    e125ea3c.jpg


    ああ、すみません。これは失礼しました。
    今、ドアをお開けいたします。。
    cecee0af.jpg


    みなさん、WilliamOptics社からお越しのStar71様でございます。(ジャジャーン!!)

    と、くだらないことでアドレナリンが出てしまって興奮していますが、やっと、届きました。
    注文して、ずーっと待ってたんです。なかなか入荷しないし。。。
    でも、そのおかげでショップから専用ケースをいただいちゃったりしてかえってお得になっちゃいました。

    早速、フード作りと、ガイド鏡を載せてバランス調整です。
    フードは、C6で成果があったので、遮光環つきフードです。
    238f8f6e.jpg

    あとは、内部に黒板塗料を吹き付ければ完了です。

    そして、テイルヘビーなお嬢様なので、バランスが心配でしたが、なんとか取れました。
    でも、ラック&ピニオンのダイヤルがあたってしまうので逆さにしましたけど、使用には問題ないのでオッケー!
    1da23930.jpg



    あれ?今画像をみると、これなら、ダイヤルを元の位置にしてもあたりませんよね。。。
    そういえば、最初はもっと長いアリガタつけてたんだっけ・・・短いデフォルトのアリガタにもどしたから大丈夫かも。
    また、明日確認してみよう。

    さーて、今月の新月期は晴れるかな~。何撮ろうかなー!!!!
    今度は貴婦人。ファーストライドじゃなくってファーストライトになるかな?

    このページのトップヘ