たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2015年05月

    アンタレス付近の五角形を撮ろうとすると、貴婦人の350mmだと全部入りません。
    モザイクすればよいかと思いましたが、それだと数倍の撮影枚数になってしまって、当然時間も足りなくなってしまいます。

    貴婦人にレデューサーをつけるってことも考えましたが、せっかくフラットなのにそれをやってしまうと、やりすぎになってしまいそうで。。。良くわかりませんが。。。

    では、どうするか。。。
    ステナビで画角を見ていたとき、ポチっと他のカメラにしてみたら、みごとに入るではありませんか!
    そのカメラは、6D。フルサイズです。

    今まで、銀河中心に撮影をしてきたので、フルサイズがなぜ必要なのかまったく理解できていませんでした。
    でも、広角~短焦点を考えると、これって本当に欲しくなるんですね。

    そうなると、いてもたってもいられません。いつものキタムラ中古情報を検索していると、なんと一台だけAランク(美品)があります。

    しばし、躊躇し、部屋のなかで立ったり座ったり、キッチンにいって水をのみ、ベランダにでて夜景を見たりした結果、えーい、とばかりに店舗取り寄せでポチっとしてしまいました。

    「やめたければキャンセルできるし・・・」などと、まず、ありえないこととわかっていながら心にいいきかせて、数日後、「お渡しする準備が整いました。期限は一週間です。過ぎると自動的にキャンセルだからね」っていうメールが届き、ポチり時の気持ちはどこへやら。

    昨日、いそいそと受け取りに行ってきました。

    じゃじゃ~ん!
    7483255b.jpg



    はじめてフルサイズを手にしました。
    使い勝手がまったくわからず。ダイヤルをMにしてもバルブがでてこない。。。なんで??
    マニュアル読んでみると、バルブ撮影はBだって。。。そうなんだ、X2とは全然違って、ちゃんとすみ分けられているんだね。と感心しつつ。

    昨日の、14:30更新のGPVが「群馬方面なら晴れるよ」って言うもんだから、いそいそと赤城山へむかって、アンタレス付近を入れてみました。
    試写した一枚ですが、まさに希望通りの画角が得られました。
    acb50bbc.png


    残念ながら、その後のGPV更新では、全面曇りになってしまうぐらい雲がでて、この試写ぐらいしか撮影できずに終わりましたが、これから、広角撮影も楽しみになってきました。
    手持ちのレンズは、サムヤン14mmとシグマAPO70-300ですが、どちらもEFマウントでケラれもないのでいろいろ楽しむことが出来そうです。

    梅雨明けまでには、IR改造もしないといけませんね。カメラレンズのピントの問題もあるから、今回はショップに頼むつもりです。
    (この価格のカメラを自分で改造するリスクは負えませんしね)

    先ほど気が付きました。このブログの人気度の星が黄色になってました。

    ひとえに、ここに訪れてくれる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

    ブログの名の通り、どうでも良いことも含めて、記録というより、私的な日記のように、グダグダと書き連ねて参りましたのが、それでも訪問して頂いたことに感謝です。

    こらからも、グダグダなブログのままで変わりがないと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

    天文ネタがなにもないので、先日作成したSE120のファインダーを利用したガイド鏡です。
    接眼部をはずし、同じくSE120についてた31.7mmアダプターを少し削ってねじ込んでいます。
    その前だとピントがあわないので、なかに、2倍バローのレンズ部分をはめ込みました。
    これで、焦点距離が約360mmなので、貴婦人の350mm用に丁度良いかなと。

    7a115db3.jpg


    GWで時間がたっぷりあります。
    でも、ご存知のとおり満月期です。せっかくの休みなのに・・・
    やっぱりガマンできませーん!

    満月がなんだー。そんなの関係ねぇー(ふるいなあ)

    というわけで、大人の夜遊びしに、富士山の太郎坊(御殿場口)に行ってきちゃいました。

    もちろん、一人じゃありません。
    いつもの、kola29隊長と、やまぎりさんが一緒です。
    で、何してたのかというと、オヤジ三人で一晩中おしゃべりをして・・・

    んなわきゃありません!!

    撮影してましたよ。木星と土星を。

    EQ5を使って、惑星を撮影したのは初めてです。
    いろいろ、問題もありましたが、なんとか撮影することができました。

    Webカメラでこれだけとれれば上出来かなと。
    これ以上を望むといろいろまた入り込んでしまいそうなので、おそらく、惑星の撮影はこれで最後だと思います。


    C6(1500mm) Qcam Pro4000 2倍バロー 539/1079フレーム 
    AutoStackert2でスタック RegistaxでWavelet処理

    これ以上は出せませんでした。うっすらと赤飯見えてますので良しとします。


    C6(1500mm) Qcam Pro4000 2倍バロー 538/1794フレーム 
    AutoStackert2でスタック RegistaxでWavelet処理


    まあまあですよね。(よね!!)

    一緒にいったkola29隊長のを見ちゃうとあまりの落差にガックリしてしまいますが、惑星はこれで終わりにします。

    そのあと、土星に飽きて少しでも月から離れている銀河M51を撮影しましたが、まったくダメでした。
    月恐るべし。。。





    このページのトップヘ