たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2016年01月

    なんか、この界隈で流行ってるような流行っていないような。。。

    まあ、そんなことは関係ない(ホント?)ですが、前々からもう少し広角のレンズが欲しかったのです。
    でも、カメラレンズって結構高いし、こりゃムリだなって諦めてました。

    で、冒頭の流行り?です。

    これ、

    0dd6bd45.jpg




    タクマー 135mmです!
    でも、これはSMCじゃなくってスーパータクマーなんですね。
    そんなことも知らずにポチってしまいました。。。

    早速、6D新改造とX2+MFAフィルターでピントがでるかどうか、シリウスです。
    まずは、6D新改造です。


    ほんの少し手前で合いました。もう少し追い込めそうです。

    では、X2+MFAは?
    52de020f.jpg


    これは無限遠いっぱいです。
    これ以上は無理ですが、この焦点距離なら大丈夫ですよね。

    ピント問題もなかったので、あとはハロー対策です。
    さーて、どうしようかな。。。


    前回、せっかくの新月期だったのに、痛恨のピントミスでがっかりしたまがたま星雲周辺のリベンジです。

    とかいってますが、今回は0時頃月没なので、前回以上に時間が短い?・・・
    ステナビで事前に調べてみると、、、案の定、すぐに沈んでしまいます。

    う~ん、、、撮り増しで数枚ぐらいはとれるか。。。。

    いや、前回のはピントが合っていないし、撮るなら撮りなおししかない!

    ということで、今回はあっさりとあきらめました(^^;

    で、一体なにを撮ろうかと物色しますが、これからの時期は春の銀河の時期。
    短焦点で狙うには、ちょっと厳しい時期です。

    仕方がないのでマルカリアンあたりでもと、ネットで画像をみたりしましたが、やはり前回のリベンジの気持ちが強いのでスッキリしません。

    それで、今回は、これにしました。
    すでに南中後の撮影開始ですが、なんとか撮れるだろうと。
    初めて狙う天体でもあるので、楽しみです。
    6840f0a7.jpg


    くらげ星雲とモンキー星雲
    WO Star71 350mm EOS6D ISO800 18分×11枚 HEUIB-II

    高解像度版はこちら

    くらげを出そうと頑張りすぎて、モンキーがちょっと飛んでしまいました。
    くらげのアップもどうぞ。
    08b83925.jpg


    高解像度版はこちら


    3時間の撮影でしたが、一枚当たりの露出時間が長い分、枚数が稼げませんでしたので、どうしてもノイズが消しきれません。仕方なく、ノイズ補正を少し入れてあります。

    くらげの湯気の上にうっすらと白いニョロっとしたものが写ってますね。。。センサーのゴミかな?
    フラット補正でも消えなかったんでしょうね。
    元画像だとわからないのですが、強調で浮かんできたみたいです。

    ところで、今回は、長野、山梨の北部方面が晴れ予想だったので、原村に行こうといつものメンバーから、kola29さん、さすらいさん、YKMさんと一緒に遠征です。

    ところが、先に現地到着のさすらいさんから、緊急連絡が。。。
    なんと、予定していたその場所にどんと焼きの準備がされていて、、、突然の場所変更であたふたしました。


    それでも、さすらいさんのホームグラウンド(?)のレストハウスふるさとに行こうということになり、私ははじめて行ってきました。

    標高は1700mを越えているようで、途中、道路にうっすらと雪ものこっており、久しぶりに厳冬期の撮影になりました。
    到着は、21時ぐらいでしょうか。とても寒い。いろんなものがあっという間に凍り付いていきます。
    なんと、手元の気温計ではマイナス10度まで計測しました。
    でも、ときおり風はありましたが、なかなかの見ごたえのある夜空を見ることができましたので、もう一度行ってみたいと思います。(雪がつもったらいきません。軟弱なのでwww)



    昨年12/18に撮影した、撮ってみたら、これだったという、sh2-273(コーン星雲)ですが、
    ISO3200、420秒を20枚撮影しました。
    今回は、全般的に微光星を大事に処理してみたのですが、深夜3時以降の画像は、みんな星が肥大していてあまりよくありません。

    そこで、今回は、まあまあ星が落ち着いている11枚を使ってみました。
    人口衛星の通過画像もはいっていますが、枚数が少ないのでガマンです。
    コンポジット後、背景のノイズを確認しました。やはり、ちょっとざらついていますので、できるだけ微光星をつぶさないようにほんのちょっとだけ輝度ノイズを調整。
    その後、色ムラを調整し、ベース画像を作成。
    ここから、
    トーンカーブ調整レイヤーを使って、ヒストグラムの左側の斜面を気にしながら、強調作業を行い、
    最後に、背景の色調整と、ヒストグラム左側の山の色合わせを行いました。

    ISO値が高いので、少し無理をして強調するとどうしてもノイズも浮き上がってきてしまったので、強調後、ほんのちょっとだけノイズ調整してます。
    課題の青いところも残せたと思います。
    5eb4408c.jpg


    高解像度版はこちら

    次は、先週末に撮影した、にぎやかエリアです。
    これは、ISO800で420秒20枚です。こちらはピントがずれてしまっているので、そのまま20枚を使ってますが、やはりISO800で5分は短すぎました。露出不足とピントずれは厳しいです。
    それでも、だいぶ微光星を大事にできた気がしますので、このにぎやかエリアは再挑戦しようと思います。
    e0b4e60b.jpg

    高解像度版はこちら



    やってきました!

    待ちに待った新月ど真ん中!

    今年初めの新月なので、なにを撮影しようかと数日前からステナビとネット画像をにらめっこして、
    これだ!と思う天体を決めていました。

    天気予想だと、富士山方面が良さそうだったので、いつものメンバーと朝霧高原に行ってきました。
    雲は21時ぐらいにはなくなって晴天!。。。となるハズだったのですが。。。。

    う~ん。。。予想に反して、雲がとれません。というより、あきらかに、ここで雲が沸いているみたい。。。

    予定では20時すぎに南中しているので、21時から3時間以上は撮影できる予定です。
    ま、天気にはかないませんので仕方がありません。
    22時には晴れるでしょ。

        ・
        ・
        ・

    えー、現在、0時を回りました。。。車の中でヒーターをしいて毛布にくるまってます。。。
    だって、ヒマですから。
    えっ?雲ですか?もちろん沸いてますよ今でも。。。(ノД`)・゜・。
    夜食の鍋焼きうどんもいただきました。
    みんなからのおすそ分けのスナックもいただきました。

    あとは星空だけ。

    と、車から出たり入ったり、みんなと話してたら、おろっ!なんか急に雲が消えてきたんじゃない!

    晴れました!時間は1時!

    さあ、撮影なんだけど、予定していた天体はあと1時間ぐらいで没なので、なにを撮ればよいのか。。。
    みんなは、オリオン周辺を狙ったり、長焦点組は北の銀河を狙ったりしてますが、朝霧は低空が明るいのでカブリがそこそこあるんです。
    すこしでも影響が少ない西の天体で少しでも枚数が撮影できそうなのをステナビで探して、
    あっちいったり、こっちいったりしましたが、結局、このエリアに落ち着きました。

    でも、あわてて狙ったせいもあって、ちょっとズレちゃってます。
    途中で気が付いたけど、今回は時間が勿体ないのでそのまま続行してしまいました。

    41319492.jpg


    ぎょしゃ座の散光星団と星雲
    WO Star71 EOS6D ISO800 420秒×20枚 HEUIB-II

    高解像度版はこちら

    あえて、まが玉メインではないのです。まが玉と散開星団の間のガスをうまくだしたかったのですが、
    やっぱり、露出が足りません。ちょっと無理して強調してしまいました。
    ISO800なので背景の荒れが少なく済んでいるのですが、露出的にはこの倍ぐらいはほしいですね。
    420秒も少なかったです。やはり600秒だったかも。

    下のほうのカブリはめんどうなので放置。散開星団も青が強いけど、それもまあ良しとしてます。
    いろいろ制約のなかでの撮影は、なかなか決まりませんね。。。

    次回は、これの追撮影をするか。。。う~ん、、、




    皆さま。
    新年あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

    さて、三が日もあけない昨日、気が付けば正月休みもあと1日で終わりです。
    ふと気が付けば、月の出は0時過ぎではないですか。。。

    う~ん、どうしようかな。。。とつぶやいたところ、kola29さんもテストがしたいとのことなので、
    朝早くからお墓参り、実家へのあいさつを済ませ、こんな時の練習場の宮ヶ瀬ダムへ行ってきました。

    とはいえ、最近の宮ヶ瀬はかなりの光害でまともな撮影はちょっときびしい環境になってます。
    なので、今回は、極望カメラでの極軸設定の実践テストトステラショットのモザイク撮影の練習がメインです。

    さて、到着は、18:30ごろ。すでにkola29さんがスタンバってます。

    いそいそと準備を開始して、まずは極望カメラで極軸設定を済ませます。(チョー簡単!)
    つづいて、アライメントなどを済ませ、早速、ステラショットを起動。

    ステナビと同じ感覚なので、接続は問題なし。カメラも接続OK。
    しかも近くに利用者のkola29さんもいるから安心です。

    まず、やってみたかったのは、撮影画像を使った補正機能です。
    同時に画角もわかるらしいので楽しみにしてました。

    ところが、撮影しても「撮影画像はありません」と出てしまいます。。。実際に撮影画像はフォルダにあるのですが、再生表示できません。(なんでだろう。。。)
    仕方なく、これをあきらめ、とりあえず、カシオペア全景のモザイク撮影をためしてみることに。

    全部で9フレーム必要ですが、テストなのでやってみます。
    すべて自動撮影できるので、セットして車内でヌクヌクのんびりしてました。

    撮影の様子はタブレットで見てましたが、ふと、phdのガイド状態はどうなってるかと覗いてみると、、、

    なんと、
    停止しているではありませんか!!

    そうです。ステラショットがフレーム移動したためにPHDが停止してました。。。
    てっきり連動してくれるものと思っていたのですが、販売元のホームページに、オートガイダー対応のアップデートが年内に出る予定と書いてある。。。
    まだ、対応してなかったんですね。。。しかもすでに年明けですよ。w

    しかたなく、モザイクをあきらめ、というよりもステラショットのテストはいったん終了し、、、
    と、気が付けば、撮影画像が再生表示されています。なんでだろう。。。?

    早速、補正機能を試してみましたが、結局マッチングエラーになってしまってできませんでした。
    これって、ステナビに撮影画像を貼り付けるときのマッチング機能と一緒ですね。
    ステナビのマッチング機能はまだ一回しかマッチングに成功したことがありませんので、少々不安が残ります。

    すでにすっかり飽きてしまったので、ステラショットはまた今度です。

    さて、いつものとおり撮影をしたいのですが、ここ宮ヶ瀬は、西方面以外は光害が厳しいので対象も限られます。
    ステナビをさまよっていたところ、南中後の天体を見つけたのでとりあえずこれにセットして、またもや車中に引きこもり。
    ところが、1枚目からガイド星ロスト。。。見れば雲がその部分だけドドーンとひろがっていてどうにもなりません。
    でも、今日の私はとても寛大なので(面倒だっただけ?)そのまま、撮影を続け、そのうち雲が切れたところでガイドを開始しました。

    そんなこんなで、雲にやられて星が肥大してしまった画像が9枚、残ったのは7枚という悲惨な結果ですが、
    今年の初物なのでご覧ください。

    a85f4c66.jpg

    Sh2-220(カリフォルニア星雲)
    WO Star71 350mm Canon EOS6D(新改造) HEUIB-IIフィルター
    ISO1600 300秒×7枚

    やはり宮ヶ瀬で撮影は厳しくなってしまいました。結構頑張りましたが荒れ荒れ画像です。
    なぜか、この場所周辺に雲が発生するんですよねぇ。。。
    ちなみに、いつもの高解像度画像ですが、今年から有料化されてしまったので、今回はありません。
    今後はどうするか検討中です。

    実は、もう一つ。
    これを撮影している間に、やっと、オリオンが南中して西側に移ったので撮影を切り替えました。
    構図を考えすぎて、何も出ないところをメインにしてしまったような。。。変な画像ですが。。。w

    11a058ab.jpg

    オリオン座(ベルト付近)
    WO Star71 350mm Canon EOS6D(新改造) HEUIB-IIフィルター
    ISO1600 180秒×16枚

    かなりの光害カブリです。これでもカブリ処理しているんですけどね。
    Gもキツイし背景もひどいなぁ。。。

    まあ、初物ってことで、仕方ないですよね。。。

    今週末の新月期は、どこかに遠征してしっかり撮影できるといいんだけどなぁ。
    さあ、今年もよい星空が皆様に降りますように!

    そうそう、極望カメラでの極軸設定ですが、1回だけ設定をみなおしましたが、PHDのガイドをオフにした状態でグラフを眺めていたところ、±0.5ピクセル以内を推移していましたので、かなり精度は良いようです。
    これならドリフトの必要もないので設営時間が短くなりそうです。
    グラフ画像もキャプチャしたはずなんですが、どこいっちゃったかな。。。

    このページのトップヘ