たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2017年02月

    待ちに待った新月期です。
    今回はレデユーサにASI1600MM-COOLを接続するリングができてますので、これがやりたかった。
    もちろん、春の銀河撮影でっす!

    あいにく天気は今一つではあるものの、なんとか晴れ間が見えそうな朝霧高原へ行ってきました。
    案の定、早い時間は雲が全面にわたってでており、まったりムードではあったものの、夜半から、雲もとれ、
    どうやら撮影タイム突入!

    前回の撮影で、長い鏡筒が三脚に当たってしまったこともあって、今回は入手したハーフピラーを取り付けてきました。
    このハーフ、高さは20cm程度しかないので心配でしたが、なかなかどうして役に立ってくれました。
    とはいっても、むきによってはあやしいところはありますが、かなりの範囲で三脚衝突を回避してくれそうなのでよかった。

    さて、撮影ですが、今回はレデューサ+ASI1600MM-COOLの組み合わせです。
    TOA130はレデューサを付けたとき一番シャープになるとタカハシの商品説明に書いてありましたので、期待は高まります。。。ワクワク。。。

    対象は、いろいろ考えた結果、かみのけ座のNGC4565にしました。
    これは、実は思い出のある銀河で、かれこれ数十年前、まだ20代のとき最初に手にしたビクセンのフローライト鏡筒を沖縄旅行にもっていき、まさに、最初に撮影した銀河です。
    もちろん当時ですので、銀塩ですし、完全なノータッチガイドでした。
    (赤道儀は何だったか???全く覚えていませんねぇ。。。その後EM10を購入してしまってそっちの印象が強すぎて記憶に残ってないw)

    、、、おっと、脱線しそうだ。。。
    とまあ、当時は、目を凝らして小さな銀河が写っていただけなのですが、それがとてもうれしかったんですよね~

    さて、あれから数十年、、、やっと再チャレンジの時を迎えました。
    久しぶりのLRGBですが、楽しみです。

    まずは、L画像の撮影。
    300秒で30枚ほど撮影しました。(つかえたの半分の15枚。残りは風にあおられピョコンとなってしまって)
    続いてR画像ですが、撮影している途中で南中をむかえたので、反転、、、反転、、、あれっ?反転は?

    (音)ギャー!!!!
    赤道儀が鳴いてる!!!!

    なんだ、いままで順調に動いてたのに、赤道儀が鳴き始めてる。。。
    あわてて、バランスを撮りなおし、いろいろ調整を見直し、ケーブルの取り回しを見直し、、、

    全然ダメ、、、、それどころかほとんど回らなくなってます。
    一体なにが????
    とおもっているところで、今度は違うところから
    (音)ピー!!!!
    ・・・・・・インバーターでした。。。。

    原因は、バッテリーの出力低下でした。。。。
    前回もバッテリーに泣かされたのですが、その時は観望で使いすぎたのかと思ってました。
    どうやら、バッテリーがへたっているようです。
    フル充電してもすぐに電圧低下を招くようで、ついには、カメラからの撮影画像もPCへ落ちてこなくなってしまいました。

    ショックをかくせないまま、同行していたminerさんからのバッテリーありますよとのお言葉も頭の中で整理できず、むげに断ってしまいました。minerさんありがとー!すごくうれしい申し出だったのに、ちゃんと返事できてなかったとおもいます。ごめんなさい!

    結局、Rの撮影途中で撤収となり、フラットもダークも取れないまま(ダークは帰宅してからとりました)みんなへのあいさつもそこそこに帰宅しました。。。

    う~ん、バッテリーは消耗品だと思いますが、ちょっと早いよな~。。。
    いちおう、メンテナンスモードつかったり回復を試みてみますが、ダメなら再購入ですかね~

    とまあ、そんな感じなので、またもやL画像のみの撮影になってしまいました。
    次回、できたらRGBを撮り増ししたいなと思いますが、今回の空もあまりよい状態ではなかったのできっとL画像も撮りなおしだろうなぁ。

    54719d76.jpg


    NGC4565(かみのけ座)
    TO!130(レデューサ)698mm  ASI1600MM-COOL Lフィルター 300"x15
    中心部分をクロップしてます。
    高解像度版はカラー化できたらUPする予定です。

    ゴースト防止と思って(WO71ででてたので)フィルターホイールとカメラを10mm離したら、見事にフィルター枠にケラれました。まあ、1.25インチだから仕方がないですけどね。
    もしかしたらゴーストでないかもしれないから、今度は近づけてみます。

    あー、カラーにしたかった~!!!!!


    さて、今度はASI600MM-COOLでド~ンと行っちゃうつもりで、先週末に朝霧高原へ行ってきました。

    今回は、久しぶりのkola29さんとやまぎりさんが一緒です。
    満月前の週末でしたので夜半まで月がでていて、セッティングもおわりまったりムード。
    わたしも準備完了ですが、その準備中にkola29さんから「金星みようよ~」とのお声がかかり、
    まあ、もちろん私も月没までヒマなので眼視しようかなってことで接眼部を取り付けてたんです(^^

    で、金星を導入し早速眼視開始!!
    でも、だいぶ西に傾いちゃってたので、なにやらモヤモヤとして今一つ。。。
    それでもキリっとした三日月ならぬ三日金を見られました。
    う~ん、、安物のセットアイピースだけど収差もなくきれいです。。。

    なかなか、眼視も楽しいですね~。
    どんどんいろんなものみたくなってきたので、南中すぎたオリオン大星雲も見てみました。
    導入して覗いてみると、
    うぉ~!
    トラペチウムってクッキリ見えるんですね~!なんか興奮しちゃいました。
    視野の広いアイピースに変えてみると、その周りに広がる星雲ガスもきれいです。
    眼視でみる星雲は色こそないもののとても立体的に見えるんですね。すごく感動しました。

    だんだん楽しくなって、まさに星空散歩状態、あっち向けてみて、こっち向けてみて。。。
    (と、これがあとでどうなることか気が付きもせず。。。)

    ただ、残念だったのは、この時間だと球状星団が昇ってこないので見るものも少なく、
    散開星団みたら星が多いな~って感じだったし、ちょっと残念。
    まあ、これは次回に楽しもう!って眼視タイムを終了しました。

    さて、今夜は、TOA130&ASI1600MMーCOOLで初めての撮影です。
    吟味に吟味を重ねて対象を決めたのですが、撮影してまもなく事件が起こりました。。。

    南中前の撮影をはじめてしばらくしたころ、
    赤道儀が突然悲鳴を上げました。
    なんと、南中近くなってきたところで、カメラが三脚にあたっているではないですか!
    今まで、C6とかWO71のように短い鏡筒しか使ってこなかったので、そんなことまったく気にしていませんでした。
    でもTOA130って長いんですよね。。。あたりまえといえばその通りです。気づくべきでした。
    結局、その天体は南中前後を考えると中1時間ぐらいは撮影できません。
    しかたなく、別の天体を撮影するしかないので、探してみると、まだ、高度は低いけどM3が上がってきてます。
    せっかくだから、球状星団も撮ろうかなってことで、短い時間でしたが撮影してみました。

    f974d1e8.jpg


    M3 球状星団
    TOA130NS (1000mm) ASI1600MM-COOL 
    Gain 250  L(180"x9) クロップ

    一応、高解像度版をアップしました。こちらです。

    空いた時間のチョイ撮りのつもりだったので、枚数が少ないです。
    高度もそれほど高くなかったからか、そもそも空も今一つだったからか、なんかノイズ感が強いです。

    でもまあ、メインじゃないからいいか!




    って思いたくても思えない。。。。
    、、、、事件です。(エッ!また?)

    私、ほとんどの電源はDCDCでつないでいるのですが、一部、ACでしか動かないものがあるのでDCACインバーターも入れてるんです。最近は2台のノートPCへの給電もここから送ってます。
    そのACインバーターがピーって警告音を鳴らし始めました。
    これは最大出力をこえたときにでるのですが、現実には入力であるDC12Vの電圧が低下すると必然的に最大出力が低くなることで起きます。

    そうです。バッテリーが電圧低下の事態に。。。
    おわかりですよね。月没前にあっちいってこっちいって。。。星空散歩なんて、やってはいけなかった。。。

    で、どうなるかというと、電圧が下がり赤道儀も安定しなくなり。。。
    それで、最低限だけの機材(とはいっても、赤道儀、カメラ、ガイドカメラははずせないけど)にして、南中後の撮影開始。。。のハズが、今度は薄雲襲来。。。

    で、終了としました。。。仕方ないけどいろいろ大変です。
    眼視するなら計画もってやらないとダメですね~
    まったくもって凡ミスでした。
    次回はリベンジできるかな~。。。


    このページのトップヘ