たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2017年08月

    というわけで、夏休みがヒマすぎて赤道儀をいじり、結果、基板を損傷するというオマケをいただいた事件の続きです。(詳しくは、前回ブログをw)

    とはいうものの、ショップに取り寄せ依頼したところ、なんと在庫があるみたいで、
    これならすぐにでも交換だねってことでした。

    めでたしめでたし。。。

    となると思ったら、突然、キラキラと光が舞い降りてきて、

    「その基板、みてしんぜよう!!!」

    と、神のお告げが、メッセから聞こえてきたんです。

    なんと、miner神が、あまりにもふがいない哀れな私を見るに見かねて、、(暇だったという噂は聞いてません)
    神の救いをおろしてくれたんです。

    実は、miner神の御所は、うちからさほど遠くない、ある意味同じエリアに建立されているので、
    早速、赤道儀をもってお願いに。。。

    その日は、赤道儀だけあずけてかえったところ、早速、メッセで、またもやお告げが。。。(もうやめよう、書きにくいw)

    c012d554.jpg

    「このチップが逝ってる。出力電圧が低すぎて次のチップが動かないみたい」

    って。

    もう、原因特定ですか!
    神だ。。。

    その後、調査をすすめて、このチップで確定となり、ほどなく、パーツの注文となりました。
    今はパーツ待ちです。

    でもね、まだこれで終わりではありません。

    先のブログで最後に書いた、RAのトルクアップ。
    実は、これも「見ときましょうか?」との一言で、二つ返事でお願いしたことは言うまでもありません。

    で、これも、あっという間に調べてくれました。
    定格0.7Aのモーターに現在供給されているのは、0.3A弱。これを少しづつあげて行って、
    脱調しないところを探ってみるように、抵抗のソケットを追加してくれて、さっきのパーツとともに発注済に。

    676dcec4.jpg

    (下のがRAボードで、右側にでてるグレイのリード線がテスト用の追加抵抗用ソケット)

    なんてことでしょう。。。。もう、そちらに足を向けて寝られません。

    ちょうどそのころiOptronとメールのやり取りをしていたので、
    iOptronのトルクアップ改造の内容を聞いてみたら、

    iOpt:「抵抗を交換して、消費電力を犠牲にしてトルクアップする」

    って返事がきました。
    そのままんまですね。minerさんのいうとおり、抵抗値を下げるらしい。
    そのメールの返信に、「今、0.3Aぐらいの供給みたいだね。モーターの発熱に気を付けながらアップかな?」と書いてみたら(そう、まるで私がやっているかの如くwww)

    iOpt:「半田ごてがあって、抵抗にアクセスできるならトルクアップのハウツーを送るよ」
    って返事がきました。

    iOptronはなかなかユーザーライクなメーカーですが、なかなかどうして。いいですね。この対応。
    ついでだから、「できればオーバーホールのハウツーもほしいんだけど。。。」って今朝返信したので、
    今夜、なにか来るかな~。。。

    明日の朝が楽しみです。

    とまあ、こんな感じで、現在はminerラボに入院中ですが、今度のテストが楽しみです。
    ちなみに、iEQ45Proのばらし方は、少しわかってきましたので、
    これについては、きっと、どこかでやる機会があると思いますので、
    また、その時に。



    こんにちは。
    しかし、とんでもない夏が終わりましたね~。。。
    すっかり、撮影方法を忘れそうになってきました。

    私は夏休みを新月期に合わせて8/19~8/27とばっちり準備してたのですが。。。
    空の神様は微笑んでくれませんでした。

    それでも、少しでもと8/24木に、雲の隙間を見つけて富士見高原に出撃です。
    ついたときはまあまあ晴れてましたが、準備を進めるにつれて雲が広がり。。。結局アライメント用に撮影した画像のみで終了。。。

    夏休みはあと数日ありますが、もう空の期待はできない予想だったので、相変わらずバランスを崩すとすぐに脱調するiEQ45proの調整を試みてみようと手をだしてしまいました(悪夢のはじまりはじまり。。。)

    やはり問題の赤経軸からはじめます。
    まずはどうやってはずすのか。。。
    ジロジロ眺めると小さな穴が左右に一つづつ。中を覗くと六角の頭が見えます。
    まずはこいつを外します。

    クルクルクルクル。。。クルクル、、、
    からん。。。!

    あれっ?

    なに?

    。。。あれっ?ネジがない。。。

    赤道儀を持ち上げると、カランと音が。
    ヒーッ!!

    ブラインドネジが中で転がる。。。
    ウォームを外すと隙間からネジがコロンと。。。
    てっきりイモネジだと思ってたら、ナベ頭の六角穴のネジです。

    これじゃあ、外から取れないよね~
    って、どうやって嵌めよう。。。と、ブツブツ言いながら針金なんかで治具を作り2時間かけてネジを戻しました。

    ウォームをはずしたので、戻して動作確認するため、電源を接続しハンコンでウインウインやりながら、色々みてネジを締めたり緩めたり。。。

    そのとき、うっかりヘクスキーが、、、
    電源つきっぱなしのメインボードの上にカツンと。。。

    やっちまった。。最初は電源はずしてからネジ締めてたのに、、、こういうのがダメ何だよな~。。。orz

    結局、pilotがつかなくなり、ハンコンにはメインボード接続エラーと。。。

    仕方がないのでショップに連絡してメインボードの取り寄せを依頼したどころ、なんと在庫があると。。。

    ラッキー!って思ってたら、今度はiOptronから問い合わせの返信が。

    じつはRAのトルクアップできないのか質問してました。回答は、$50でRAボードのトルクアップ改造できるよって。

    電子関係に無知な私は、いつものメッセに「回路改造でトルクアップなんてできるの?」って書き込んだところ、
    minerさんが、電流値を上げればできるはずですよと教えてくれ、それならと、メインボードの注文に合わせて、RAボードでトルクアップ済みのボードがないかショップに確認です。
    すると、在庫してるRAボードにトルクアップ済みの記載があるらしい旨の連絡が!!!

    なんか、ツイてるのか?
    出費は仕方ないとして、さて、どうなる????

    すみません、もっと簡潔に終わると思ったけど、文字ばかりで長文になってしまいました。。。
    実はこのあと、さらなる展開になるのですが、一旦ここでとめます。minerさんのブログを見ている方ならご存じでしょうが。。。
    次回に続くきます。<(_ _)>

    f137f877.jpg


    このページのトップヘ