たじ家

さて、夜遊びはほどほどに・・・

    2019年08月

    皆様、お暑うございます。

    次の新月期まで少し時間もあるので、いくつか暇つぶしの課題を作っております。


    その1
    先日のM33はお気楽処理で終わってしまってるので、なんと数年ぶりにPhotoShopつかってやってみよう!

    その2
    久しぶりにナノトラッカーを引っ張り出してみたら、なんか変なので、分解メンテナンスをしよう!
    (魔改造する?w)

    その3
    iEQ45 Proを放置してしまっているので、思いついたこともあるのでメンテナンスしてみよう!
    それで次回はこれまた久しぶりのWO71を使ってみよう!

    です。

    で、この3連休にいろいろやれるかというと、これから奥方様と数十年ぶりに二人だけで旅行となりましたので、早起きしてその1だけやりました。

    いやぁ、PSの使い方全然覚えていませんw
    なにをどうすればなにができるのかすっかり忘れてしまいました~
    ここはひとつ、マルさんの画像処理講習でいただいたテキストを読みながら、マスクをレイヤにかける方法(そんなこともやり方がわからないw)をみながら再処理です。

    やはり、色についてはPixinsightより長けている気がします。
    とはいっても使う人にスキルがないので、汚くなる一方ですがwww

    M33-22-crop2

    前回のM33の再処理です。
    ベースはPixInsightですが、仕上げをPSでやってみました。

    高解像度版はこちら
    (いつものことですが高解像度版はスマホ専用とさせていただきます。パソコンで見た場合は怨念が背後から忍び寄るかもしれませんw)


    その2とその3はボチボチやりますかね~。。。


    長い。。。とにかく長かった今年の梅雨!

    例年にくらべてどれだけ長かったのか。。。毎年おかしな感じになっているのは間違いないですね。

    特に、西のほうの異常気象は、本当に大変で、被害にあわれた方には、連続して何度も、、、ということもあったようです。心からお見舞い申し上げます。

    さて、関東もやっと梅雨明けしたと思いきや、なんとなく晴れてはいるものの、
    空を対象にするとなると、なかなかすっきりしない天気が続きました。

    それでも期待してた新月期。この週末は何としてもストレス発散に出かけたいと、
    いつものとおり、SCWやらWindyやらとにらめっこしながら、予想はボチボチだったけど、
    思い切って天城高原へ行ってきました。

    今回は、安定して晴れそうな房総へ行こうかと思っていたんですが、ダムの近くはこの暑さで水蒸気が上がりそうだし、う~ん。。。とうなって、YKMさんにどこか行きます?って聞いたところ、
    「天城」
    とキッパリ!!

    さすが、迷いなし!!!w
    もう、その男気に魅せられてしまい、二つ返事で「お供させてください!!」と。。。。www

    さてさて、準備をしていると、天城にいくと聞いたうちの奥方様が、「涼しいところに行きたい」となぜか付き添いとなってしまい、いつもと違う感じで天城へGO!

    現地ではすでにYKMさんが準備中で、「いつもお世話になっています」などと大人のあいさつもそこそこに、奥方様はどこかへ消えていったので、準備を開始するも、なにやら、いろいろ手順がはっきりしない。。。すでにいろいろ忘れていて、どれをどこに接続するんだっけ???と自分に確認しながらなんとか設営。

    そうこうするうちに、空も晴れてきて、気が付けば天の川銀河!!
    せっかくなので奥方様に、「あそこに見えますは天の川でございます」とかしこまっておいて、
    そのまま、「ささ、コチラへどうぞ」と車の中に押し込め、ゆっくりと撮影準備にいそしみました。
    途中、車中から「お前のスマホのテザリングを使わせろ」などと傍若無人な言動を受けながらも
    なんとか準備を終え、久しぶりの撮影です。

    ところが、やはり、空の様子は今一つで、先ほどまでの天の川はなんだったのかと思うぐらいの曇天。。。しばらくするとまた晴天。これの繰り返しで、ピント合わせやアライメントにやたらと時間がかかります。

    それでも時間はかかったものの、まずは試し撮りと思い、三裂星雲あたりを導入したところ、今度は周辺のコマ収差がひどいことになってます。

    今回はひさしぶりにレデューサを付けたのですが、フルサイズで周辺の星像が良いはずなのに、
    なぜかフォーサースでこれはおかしい。。。
    。。。と普通は気づくのですが、そこは、久しぶりで少々テンパっていたのと、いつもと違う感じ(?)のせいもありw、すっかり???状態。。。。
    仕方なく、レデューサを外し、いつものとおりの1000mmでの撮影になりました。

    う~ん、バックフォーカスをはかり間違えたのかな?と帰宅してはかってみましたが、誤差はあるでしょうが実測で65.54mmです。推奨が65.5mmなので問題ないはず。
    実は、この構成でアライメントしてた時、pixinsightのpointcraft(プレートソルビング)がすべて失敗していました。その時は、気づいていないのですが、思いつくことひとつ。。。

    レデューサ逆につけてねーか???

    まさかとお思いでしょうが、実は、自宅からセット状態でもっていったのですが、わけあって、現地で一度ばらしてから、再度組み込んだのです。
    このレデューサ(TOA35)本体だけだと接続どちらもM72オスに(オスオスってことです)なっていて、逆にしてもつなげられるんです。。。。きっと、気づかずに逆にしたため、焦点距離も短くならず、pointcraftも失敗したんだと思います。。。まったく・・・なにをしてるんだか。。。

    で、そうこうしているうちに、夜も更けてきて、本当はレデューサつけた700mmで撮るつもりだったこれを、1000mm撮影しましたが、やはり、結構いっぱいいっぱいです。
    M33_UnSharp_Crop


    M33 (Triangulum Galaxy)

    TOA130NS オフアキガイド
    ASI294MC 180"x20
    LosmandyG11G赤道儀 PHD2オートガイド

    高解像度版はこちら

    全部で50枚撮りましたが、使えたのが20枚。10枚ぐらいはなにも写ってないし、20枚はほんの少し星が写ってる状態でしたので、落ち着かない空だったようです(寝てたのでわからないw)

    この画像もなんとなくうすボンヤリしてますよね。(画像処理の腕がないからか・・・w)
    それでもそこそこ迫力がある絵にはなったかな。

    さあ、もう一度レデューサ使ってやってみなきゃ。次の新月期かな~。。。

    このページのトップヘ